会社案内

  • ホーム
  • »
  • 会社案内 :: 過去の実績
  • 会社概要・沿革
  • アクセスマップ
  • 過去の実績
  • 過去の発行物
  • 記念碑

過去の実績

  • 石工事
  • 文化関連事業
  • 銘板

請負った石工事のプロジェクト

地球に育まれた石は景観を変え、生活を豊かにしてくれます。
中国に明るい嘉商万通は、旧社名・日中石商として、多様な都市開発のニーズにあわせて中国産の新石種を絶えず開発・提供してまいりました。こちらに、今までの実績を紹介致します。

  • 全共連平河町ビル<竹中工務店>

2011

SSJ品川ビル<鹿島建設>

SSJ品川ビル<鹿島建設>

三井記念病院Ⅲ期工事<鹿島建設>

三井記念病院Ⅲ期工事<鹿島建設>

渋谷センチュリー・フォレスト<鹿島建設>

渋谷センチュリー・フォレスト<鹿島建設>

2010

  • 三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>
  • 三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>
  • 三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>
  • 三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>
  • 三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>

三井住友銀行本店ビルディング<鹿島建設>

京都ヨドバシビル<鹿島建設>

京都ヨドバシビル<鹿島建設>

新宿セントラルパークシティ<鹿島建設>

新宿セントラルパークシティ<鹿島建設>

羽田空港D工区<鹿島建設>

羽田空港D工区<鹿島建設>

2009

三井室町東ビル<清水建設>

三井室町東ビル<清水建設>

大手町JAビル<鹿島建設>

大手町JAビル<鹿島建設>

大手町経団連会館<清水建設>

大手町経団連会館<清水建設>

千葉県警本部新庁舎<鹿島建設>

千葉県警本部新庁舎<鹿島建設>

パークシティ浜田山<鹿島建設>

パークシティ浜田山<鹿島建設>

霞ヶ関ビル<鹿島建設>

霞ヶ関ビル<鹿島建設>

2008

アステラス製薬筑波研究センター<大成建設>

アステラス製薬筑波研究センター<大成建設>

三井記念病院Ⅰ期<鹿島建設>

三井記念病院Ⅰ期<鹿島建設>

モード学園コクーンタワー<清水建設>

モード学園コクーンタワー<清水建設>

赤坂サカス<大林組>

赤坂サカス<大林組>

ヴェレーナ港北ニュータウン<竹中工務店>

ヴェレーナ港北ニュータウン<竹中工務店>

グロブナープレイス神園町<鹿島建設>

グロブナープレイス神園町<鹿島建設>

2007

フジテレビ湾岸スタジオ<鹿島建設>

フジテレビ湾岸スタジオ<鹿島建設>

新丸の内ビルディング<竹中工務店>

新丸の内ビルディング<竹中工務店>

鹿島本社ビル<鹿島建設>

鹿島本社ビル<鹿島建設>

2006

東京ミッドタウン<竹中工務店>

東京ミッドタウン<竹中工務店>

ソニー本社ビル<清水建設>

ソニー本社ビル<清水建設>

日立大森第一別館<鹿島建設>

日立大森第一別館<鹿島建設>

2005

東京ミッドタウン<鹿島建設>

白金アエルシティ<鹿島建設>

秋葉原UDX<鹿島建設>

秋葉原UDX<鹿島建設>

秋葉原UDX<鹿島建設>

秋葉原UDX<鹿島建設>

2004

東京汐留ビルディング<竹中工務店>

東京汐留ビルディング<竹中工務店>

赤坂ガーデンシティ<鹿島建設>

赤坂ガーデンシティ<鹿島建設>

品川シーサイド<鹿島建設>

品川シーサイド<鹿島建設>

2003

大阪箕面新都心 材販<鹿島建設>

大阪箕面新都心 材販<鹿島建設>

長瀞駅前<鹿島道路>

長瀞駅前<鹿島道路>

能見台住友マンション <清水建設>

能見台住友マンション<清水建設>

pagetop

文化関連事業

1992

韓天衡書画篆刻展を主催
1992年群馬県民会館で上海画院韓天衡画伯の個展を開き前橋・藤岡両市で講演・実演を実施。

前橋市藤嶋市長らがテープカットを行った。

主催者の山田(左より2人目)が中曽根康弘元首相からの祝電を披露。右には群馬県・前橋市の行政のトップの方々が参列。

1993

銭君匋・邵洛羊両画伯展を主催
1993年7月に上海の銭君匋師や邵洛羊先生を招待し前橋で両先生の二人展を主催。写真は地元の名士金沢子卿ご夫妻と弟子の天田研石先生は毎日会場に通い、銭・邵両先生から于右任先生について細かくお聞きになった。

篆刻の権威、学術団体の西冷印社の副社長を兼任している銭先生は篆刻の巨匠。3回の実演会は毎回満員で関西からもファンが駆けつけた。

隣の栃木県からもファンが来場。銭君匋師の名作≪朝顔≫の前で記念撮影。

黄若舟教授を前橋へ招聘
1993年、上海師範大学黄若舟教授をカルチャーセンターへ招聘。華宮書画院の弟子達に墨竹を披露。

1994

揚正新画伯を前橋へ招聘
1994年6月、上海画院揚正新画伯(中央)を招待し県民会館で水墨愛好者に水墨画について講演して戴く。

1995

西安碑林にて研修
1995年8月、前橋勤労青少年ホームの書道受講生達と中国上海・西安書道の研修を行った。

西安の碑林博物館の名碑の前で弟子達と記念撮影。

碑林博物館より特別許可を得て石碑の拓本をとる体験も実施。

1999

中国美術家協会訪日団を群馬に招待
1999年、東京日中友好会館主催の『中国四人展』のメンバーを群馬県立近代美術館へご案内。

弊社本社訪問。左3人目は日中友好会館文化事業部長石軍、4人目は代表本人、外は中国の訪日団皆様。

本社事務所1階の華宮書画院にて交流の一環として筆会を行う。

2003

国家文物局単局長と懇談
2003年、代表の山田が北京の中国国家文物局を訪問。国務院の招待所・国誼賓館で単霽翔局長と懇談。

日中青少年漫画交流展を北京で主催
2003年1月北京の首都図書館の展示ホールで日中青少年漫画交流展に受賞者を招待。日中青少年漫画家間の交流を図った。

日中青少年漫画交流展を上海で主催
北京展の後に上海テレビタワーメディアセンター展示ホールで上海巡回展を行い、漫画家里中満智子先生(中央)等に熱い支援を戴いた。

北京国際漫画ウィーク共催
2003年12月北京国際漫画ウィークで日本の漫画を紹介する展示会や講演会及びサイン会を中国対外芸術展覧中心等と共催で実施。

pagetop

銘板

東京入国管理局の銘板を揮毫

SSJ品川ビル<鹿島建設>

隷書体で幅3mの銘板に揮毫。

群馬県庁昭和庁舎銘板を揮毫

三井記念病院Ⅲ期工事<鹿島建設>

群馬では複数の銘板を揮毫。
写真は昭和に使用された昭和庁舎の銘板。

pagetop